オフロード

別名「オフ」車

オフロードを走るためのバイクは、「オフ車」と呼ばれることが多々あります。
ダートレース用のバイクがベースになっており、フォルムはストリートバイクに似通っているというのが特徴の一つです。
突起がついたオフロードタイヤをはいているのが一番の特徴となります。

舗装されていない荒れた道や林道などの様々な道を走行できるようにするため、いろいろな工夫がされています。 
車高は高めでサスペンションのストロークは長めになっているので、悪路に強く、道のない道を走ることができる唯一のバイクということが出来ます。

その特徴とは

タフな走りとは反対で車体は軽くて非常に扱いやすいのもメリットで、悪路を運転する際はとても重要な点の一つです。
街乗りにも適していますので舗装された道路も走ることはできますが、ダートを走ることも可能となっています。
バイクの運転テクニックを磨くには適しているバイクです。
初心者におすすめは出来るので、ここから入ってバイクの技術を高めていってはいかがでしょうか。

特徴の一つとしては、シートが高い位置にあるのも特徴ということが出来るでしょう。
オフ車ライダーの中に他にも400ccクラスのバイクを所有して乗り分けている人も多くいます。
普段は他のバイクに乗り遊びでオフロードを楽しむためのセカンドバイクとして利用されるケースも多々あり、他の物とはまた別物というイメージもあります。

オフロード以外でも乗れる

タイヤはブロック状でもオフロードはもちろんオンロードでも走りを楽しむことが出来ます。 
オンロードでも初速はかなり速いため、信号待ちの出だしもストレスな走ることが出来ます。

低速だけで考えていくのであれば、オフロードが一番かもしれません。 
オンロードでも障害がある場合は便利で、荒れた道に遭遇した時でもオフロードなら安心して乗っていることが出来ます。 
田舎の道を走る時にも最適なバイクなので、特化させるのでなければ汎用背はかなり高くなります。

オフロードが持つメリット

車体が軽く扱いやすいのがメリットメリットです。
車体が軽いため初速もかなり速く、オンオフ関係なく走れるところが最大のメリットということが出来ます。
万能バイクとして人気が高く、一般受けはしないがマニアには高い人気があります。

アウトドア好きな人にとっては最高のバイクになるでしょう。
オフロードを楽しみたい人にはこれしかないというバイクで、荒れた道では最大のパワーを発揮することが出来ます。
川原や砂利道にも適しているため、レジャーにもばっちりです。

スタイルは好きなんだけどオフロードは走らないと考えていた人たちも、実は汎用性が高いバイクなので、検討してみるのも良いでしょう。