バイクの盗難対策について

バイクの盗難対策カギを使ってきっちりガード

大切なバイクを守るためには、日頃から盗難対策をきちんとしておくことが重要になります。

盗難対策で一番に挙げられるのは、やはりカギでしょう。
カギと一口に言っても、チェーンタイプの物から、鍵穴に直接差し込むことが出来るタイプのものまで、様々な種類のカギがあります。
1つのカギではなく、いくつかのカギを合わせて利用する事で、防犯性を高め、より盗まれにくい環境を作ることが出来るでしょう。

また、少しだけバイクの側を離れるという場合でも、必ずカギをかける習慣を身につけることが大切です。
手慣れているバイク泥棒の場合、数分もかからずにバイク盗難をすることもありますので、家に居るときでも安心はせずに、必ずきっちりとロックをかける習慣をつけましょう。
カギをかける習慣を身につけることが、バイクを守る1つのポイントとなります。

更に、カギをかける場所も非常に重要です。
タイヤにのみロックをかけているという場合、手慣れている犯行グループは、バイクを持ち上げて車に乗せ、盗難をするという方もいますので、カギの意味がありません。
チェーンタイプのロックを、頑丈な柱などに通してカギをするように心がけると、より高い防犯効果を得ることが出来るでしょう。

バイクはカギを使っておけば盗難対策が出来る?

バイクの盗難防止にカギの二重三重付けは非常に有効ですが、残念ながら、それだけでは万全な防犯対策とは言えません。
盗難グループに目をつけられないようにすることも、大切な対策の1つとなります。

バイクの盗難で多いのが、突発的なケースではなく、事前にバイクの状態を下調べした上で行われる盗難です。
バイクの車種や状態、バイクの止められている時間や、カギの種類まで、事細かくチェックをされ、入念に計画を立てた上で、犯行に及ぶグループが少なくありません。

下調べをされないためにも、バイクにはシートをしっかりとかけること、人目に付く場所に止めないこと等が、重要な防犯対策となります。
バイクを守るためには、必要以上にバイクを目立たせるような止め方をしないことも、大切と言えるでしょう。

盗まれてからの盗難対策

万が一バイクを盗難された時のことを考えて、防犯対策をしておくことも重要なポイントです。
GPS機能をつけておく、不審な揺れ、不正ロック解除などが有った場合、アラームが鳴るグッズをつけておくなどしておくことも、大事なポイントになります。
有る程度の値段は当然かかりますが、その分確かな効果を得ることが出来るでしょう。

盗難被害に巻き込まれても、運と対策次第では、愛車は無事に戻ってきますので、日頃からきちんと入念に対策をしておき、バイクを守る事が大切です。