欠かせないバッテリーメンテ

バッテリーメンテナンスは必須

性能のいい現代のバイクに乗っていると、メンテナンスもそれほど行う必要がありませんし、メンテナンスフリーと呼ばれる非常に高性能なバイクも多くなっているので、新しいバイクでは起りにくいことですが、絶版車はメンテナンスが必須のバイクです。
特に電気系統が弱いという事実があるため、バッテリーを無駄に浪費してしまうのも仕方ないと考えている方も多いです。
しかし、メンテナンスを怠ってしまったことで、より一層バッテリーコンディションの低下を招くこともあるので、しっかりメンテナンスしていくことが求められます。

バッテリーが上がり気味のバイクも多い

絶版車はバッテリーがしょっちゅう上がってしまうというバイクも多いです。
こういう場合、絶版車だから仕方ないと思うのではなく、充電系統にトラブルがあるのかもしれないという疑問をもってみることも大切です。
長年乗り続けられてきたバイクですから、修理などを繰り返すうちに充電系統、発電機やレギュレータの不良が起ってしまう事もあります。

という事はその箇所をメンテナンスすることで調子がよくなる可能性があります。
不調のままにバイクを動かしていれば当然バッテリーに影響してきますので、エンジン始動にも困難・・という事も起ります。
もちろんバッテリーは寿命がありますので、メンテナンスや点検を怠らず、何が悪いのかをしっかり把握する事が重要です。
ポイントは、おかしいと思った時、早めにチェックを行いメンテナンスを怠らないことです。

バッテリーのチェック、その手順

バッテリー液の比重をまず確認しましょう。
バッテリーの比重を測る事が出来る比重計がありますので、これを手に入れておくと作業しやすくなります。
しばらくバイクに乗っていなかったという時、バッテリーが弱いと感じたら比重計を利用して比重を測り、適性ではない状態なら補充電する、という事が必要となります。

次に電圧のチェックです。
電圧テスターを準備し、電圧を測ります。
いい状態のバッテリーの電圧は12.5v以上ありますが、特に開放型バッテリーでは電圧が低くなりやすいのでバッテリー電圧を確認できるテスターを保持しておくと安心です。

エンジンを回してみて回転域における電圧もテスターで測ってみましょう。
アイドリングをしている状態で12.8v以上、さらにエンジンの回転数を上げてみてその際、14vから1vくらいまで上がっていけばいい状態です。
これ以下、なかなか上がらないという場合、あまりいい状態ではないという事がわかりますので、テスターはメンテナンスの必需品といえます。

こうしたチェックをまめに行うことで、バイクの調子を適切に把握できます。
チェックを定期的に行えば、メンテナンスも早めにでき大きな故障につながりません。