パンクの修理

パンク修理って以外と難しい

バイクに乗っている方は自ら様々なメンテナンスができるという方が多いです。
最近販売されている多くのバイクがメンテナンスフリーなどのバイクとなっていますが、バイク乗りはカスタムするなどが好きな方が多いので、工具などもそろえて休日にはしっかりメンテナンスを行うという方が少なくありません。

バイクのメンテナンスという事ではありませんが、パンク修理はしっかり出来るようになっておきたいものです。
パンク修理は普段メンテナンスなどを行っている人からするとそれほど難しいことではありませんが、ポイント、コツがあるので覚えておくと便利です。

パンク修理のポイント

まず地ならしをきちんと行う事が大切です。
接着剤の塗布前にチューブにしっかり足付けを行います。
パンクのキットにはサンドペーパーが入っていることもあります。
サンドペーパーを利用しチューブの線状のバリをサンドペーパーで取り除きます。
これは、接着面をフラットにすることで接着不良を起こしにくくなるからです。

それからチューブを貼りますが、その前にエア漏れがそこだけかどうかを確認します。
塗れた部分はしっかりふき取り乾かしてから作業します。
ホイルに復元する時、タイヤバレーを利用しチューブを引掛ける、またタイヤの内側を素手で拭うように触ると、異物などの発見につながります。

パンク修理の流れ

パンク穴を見つけたらサンドペーパーでそのあたりのバリをきれいに取り除きます。
パッチ面積よりも一回り大きめに接着剤を厚塗りにならないように塗って、完全に乾くまで待ちます。

パッチはシートに入っていますが、アルミシートなどを剥がす際、「接着部分にふれない」ように注意してください。
患部にパッチを接着、平らな場所にチューブを置いてパッチを貼って、パッチを貼った部分をプラスチックハンマーなどで軽くたたきます。
叩いたら保護ビニールを剥がします。
パッチが一緒に剥がれてくることもあるので、慎重に丁寧に剥がしましょう。

チューブにエアを入れてから水を張った洗面器に入れてみて、エア漏れがないか確認します。
内容ならきれいに水分を拭き取ります。

タイヤをぐっと横に引っ張るように逃がして、エアバルブをリムに差し込みます。
この際、タイヤでチューブを噛んでしまう事があるのでそうならないように丁寧に行います。
もしバルブのムシの状態が悪いようなら交換しましょう。
ムシの状態が悪いとエア漏れにつながる事もあります。

タイヤを復元出来たらエアを入れて、傾きがないかどうかを確認します。
もし傾きがあるようならエアを抜き、タイヤをずらしてから調整します。
面倒でも、確認を慎重に行うことがパンク修理のコツです。