1. >
  2. >
  3. ショートライドで人気!「ボルト(BOLT)」の魅力
ヤマハボルト

ショートライドで人気!「ボルト(BOLT)」の魅力

ヤマハのBOLTは輝くようなメタルの質感が目に新しい力強いスタイル

ヤマハのBOLTは輝くようなメタルの質感が目に新しい力強いスタイルが特徴のバイクです。
マットシルバーのカラーはシルバーの輝きにメタルの質感を感じすっきりとしたスタイルの確立が見えます。
ブラックメタリックxブラックは渋さの中に洗練された都会の魅力がぎっしり詰まっていますのでシンプルなスタイルを好む人に良いでしょう。
どちらも力強さのみなぎるようなヤマハらしいスタイルが印象的なのです。

軽快な走りを支えるエンジンについて

軽快な走りは空冷・SOHC・フューエルインジェクション搭載60度Vツインエンジンに支えられています。
軽快な走りは中低速の走りで適度な加速性があり心地良い鼓動感も感じますので乗っていて気持ちよくなることは間違いないです。
吸気効率の良いエンジンの塊感をより良いものにするエアクリーナーもありますので体にフィットした乗り心地も実現できます。
またエンジン音のサウンドは低音の歯切れのよいもので耳に心地よい音です。

スリムさをアピール

スリムさをアピールしているのはトラディショナルなティアドロップ型でフランジレスタイプの燃料タンクです。
13Lの容量で車体の強度であるダブルクレードルフレームになっていますので安定感がありさりげなくスリムさをアピールしているのでしょう。

またリア廻りもスリムさと共にクリーンであることも強調しアピールしていますので走りやすさが見えるようです。
このようなスリムさがさりげなくアピールされているヤマハのBOLTは細部にこだわりの見えるヤマハの自信作であることがよくわかります。

デザインコンセプトは「Ultimate Purely Bobber」

Ultimate Purely Bobberというデザインコンセプトはボバー独特の走りの追及にもかんれんしています。
というのも。“Raw Metal”“Simple”“Sporty”という3つを追求したボバースタイルに迫るものだからです。
いらないものをできるだけ取り外したシンプルなデザインは軽快さを強調し走りやすさを求めているがためでしょう。
全てはより良い走りのためというヤマハの姿勢が良く見えるシンプルながらもオシャレ感のあるデザインからも見えます。

スペックも見てみる

ではBOLTのスペックを見てみましょう。
エンジンタイプはN609E・空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ・60度Vツインエンジンです。
型式は2BL-VN09Jで車体重量は252kgになり全長、全高、全幅は2290mm × 1120mm × 830mmになりシート高は690mmになります。
排気量は941ccで燃料供給方式はフューエルインジェクションです。

購入を考えている方はこういったスペックを参考になさると良いかもしれません。
バイク店に行って実際のBOLTを見て触れてみることをおすすめします。
近所や懇意にしているバイク店があれば行ってみて見せてもらうと良いでしょう。